知恵袋(Q&A)

海外アンケートサイトの”面白い特徴”とメリット・デメリット!

外国

 

モニター
先生、海外のアンケートサイトってどうなんですか?
おっ、いい所に目を付けたね。国内サイトとは違う面白い特徴を持っているよ。
先生
モニター
えっ、面白い特徴!?

なんだか興味が湧いてきたきたんですけど...。

OK、海外アンケートサイトを国内サイトと比較しながらその特徴を解説していくよ。
先生

 

海外アンケートサイトとは?

疑問符

海外アンケートサイトとは、海外のリサーチ会社が運営しているアンケートサイトのことで、分かり易く言うと「外資系」です

海外には本当にバカでかいリサーチ会社が存在していて、日本でもマーケティング活動しているんですね。

メモ

アンケートサイトの運営は、外資系企業の日本法人が行っているのが一般的です。

日本のトップ企業である「株式会社マクロミル」や「株式会社インテージ」も海外展開していますが、世界のトップ企業には適いません。

 

海外アンケートサイトの特徴と国内サイトとの違い

merit

国内外のアンケートサイトの大きな違いは "ポイントの配布システム" にあります。

この点を理解することが、海外アンケートサイトをより深く理解することに繋がります。

国内サイト海外サイト
回答者全員にポイントを配布する(ターゲット非該当でも数ポイント貰える)ターゲット該当者にのみポイントを配布する(ターゲット非該当の場合はポイントなし)

この配布システムの違いが、獲得ポイントに大きな影響を及ぼすんですね。

この点を理解するため、"同じ所要時間で終了するアンケート" が存在すると仮定し、国内外の獲得ポイントを比較してみましょう。

 

国内サイトの場合

アンケート回答者全員にポイントを配布するのが国内サイトです。

  • ターゲット非該当でアンケートが終了しても2~4P程度貰える
  • ターゲット該当者として最後まで回答しても、30~50P程度の獲得に収まる

要するに、

ターゲット非該当者を含め全員にポイントを配布しているため、該当者に回すポイントが少なくなる!

これが国内サイトのシステムで、不平不満を抑えるためなのか、如何にも日本的な感じがしますね。

以下、マクロミルの「本調査付きアンケート」の案内ですが、この特徴がよく表れています。

  • ターゲット非該当(2P)
  • ターゲット該当(20~40P)
マクロミルのアンケート

マクロミルの本調査付きアンケート

 

海外サイトの場合

ターゲット該当者にのみポイントを配布するのが海外サイトです。

  • ターゲット非該当でアンケートが終了すると0ポイント終了
  • ターゲット該当者として最後まで回答すると80~120P程度のポイントが貰える

要するに、

全てのポイントを該当者だけで分配するので、国内サイトの何倍ものポイントを一気に獲得できる!

これが海外サイトです。

アイコン2

同規模のアンケートに答えても、獲得ポイントには2倍~2.5倍の差が生まれるんですね。

至極簡単に両者を表現すると、

  • 国内 ~ コツコツ系
  • 海外 ~ ガッツリ系

国内サイトは、低単価アンケート(2~4P程度)を中心に、時に高単価を交えて稼いでいくのが主流です。一方、海外サイトは、高単価アンケートしか配信されません。

つまり、全てのアンケートで高ポイントが狙えて効率的!

これが海外サイトの面白い特徴です。

 

海外アンケートサイトの効率性を知ろう!

調べる

私が海外サイトとして重宝している「オピニオンワールド」を例に、効率の良さを説明しようと思います。

以下の画像は、ある期間のアンケート回答履歴(全18件)です。

オピニオンワールド結果

回答状況の説明

完了はターゲットとなってポイントを獲得したアンケート、条件不適合はターゲット非該当で終了したアンケートを表しています。

ここで、ポイントを獲得した9件を確認してみましょう。

オピニオンワールドの交換レートは "1P = 2円" なので、40、120、60、60、60、60、100、60、100円分のポイントを獲得したことが分かります。

前述した「全てのアンケートで高ポイントが狙える」という言葉が嘘でないことが分かりますよね。

条件不適合も含め、アンケート18件で660円分のポイントを得ているので、平均単価は約36円です。

国内サイトでこれだけの「平均単価」を叩き出すことは実質不可能です。国内サイトの経験者は、これが如何に突出した数値か理解できるかと思います。

もちろん、ターゲットとして最後まで回答すると、1件あたりが重く時間がかかります。

ただ、小さなポイントのアンケートを数多く重ねるよりも遥かに効率的で、同じポイントを稼ぐのに要する時間で比較すると、圧倒的に海外が優秀です。

 

海外アンケートサイトにはデメリットもある!

merit

イイこと尽くめに思える海外アンケートサイトですが、デメリットもあります。

  • ターゲット外となるとポイントが一切もらえない
  • アンケートの依頼数が少ない

アンケート序盤の質問でターゲット選定が行われるのですが、ターゲット外と判定されると0ポイント終了です。

そのため、10件のアンケートに答えても、ポイントが一切獲得できないなんてことも...。

実際、このシステムを理解していても、ポイント0が続くとちょっと辛いですね。

お金袋

また、日本が市場の中心ではないので、国内サイトと比較するとアンケートの依頼数は少ない傾向にあります。

例えば、国内で最も依頼数が多い「マクロミル」なんかだと、1日5~10件程度のアンケートが届きますが、海外サイトだと1日1件なんて日もちらほら。

この二つの特徴があるために、

  • 国内サイトと比較すると月の収入が不安定
  • 大きく稼げる月もあれば、あまり稼げない月もある
  • 国内サイトで最も稼げる「マクロミル」などには総収入額で劣る

これが海外アンケートサイトのデメリットと言える部分です。

 

海外アンケートサイトがおすすめな人
まとめ

ここまでの特徴やメリット・デメリットから、海外アンケートサイトは以下に該当する人に最適です。

こんな人におすすめ

  • コツコツは性に合わない
  • 一発で大きく稼ぎたい
  • 効率面を重要視したい
  • 日々の生活が忙しくてアンケートにあまり時間を割けない
  • 追加登録するサイトを探している

おすすめの運用方法は、国内・海外の併用です。

海外サイトは依頼数が少ないので、追加してもあまり負担が増えません。そのため、稼ぎを底上げするための追加登録に最適なんですね。

この点を重視すれば、実はデメリットもメリットになります。もちろん、海外サイト一択で「効率面」を徹底追求するのもアリです。

あなたのモニター生活に、海外アンケートサイトを上手く取り込んで下さい!

追記

昨今は、国内・海外の両方の特徴を持った中間的なアンケートサイトも登場しています。

海外サイト全てに当てはまらないこともあるので、その点はご了承下さい。

海外の特徴(高単価)を如何なく発揮したサイトを以下のページでご紹介しています。

一発でガツン!

これに興味がある方はご参照下さい。(オピニオンワールドの最新ポイント獲得履歴も提示しています)

大量ポイント
参考アンケートサイトで「高単価」を求めるなら〇〇は絶対に外せない!

続きを見る