ランキング

座談会・会場調査の依頼が多いアンケートモニターサイト【TOP3】

ランキングtop3

アンケートモニターの稼ぎを大きく底上げする「座談会」や「会場調査」ですが、応募過多で抽選となることが多く、おいそれと簡単には参加できません。

この抽選を突破するには、如何に応募数を増やせるかが鍵となります。

そこで、ここでは、応募数を増やすのに最適な「座談会や会場調査の依頼が多いアンケートサイト」をご紹介します。

D style web

dstyleweb

座談会・会場調査を狙うなら「D style web」は絶対に外せません!

公式サイトでも「座談会・会場調査の実施数No.1」と堂々とアピールしており、私の利用状況から見てもこの点に嘘偽りはありません。

アンケートの依頼よりも、参加型調査の依頼の方が多いレベルで、座談会・会場調査を狙うには打ってつけです。

座談会・会場調査の応募専用サイト!

こんな偏った使い方も全然アリです。

特に調査依頼が多いのは次の3つ。

  • 座談会(グループインタビュー)
  • 会場調査(会場アンケート)
  • オンラインインタビュー(コロナ禍で増加傾向)

大手のアンケートサイトと比べて知名度が低いため、抽選を争う「ライバル」が少ないことも推測できます。

この要素と依頼数No.1が相まって、最も期待度の高いサイトとなるんですね。

絶対に外せない!

その理由がここにあります。

登録・詳細確認

D STYLE WEB 」公式サイトへ

 

マクロミル

マクロミルランキング

アンケートサイトの最大手として、充実の依頼数を誇るのがマクロミル!

アンケートの依頼数が圧倒的に多いことで有名なサイトですが、参加型調査の依頼も十分にあります。

  • 会場調査
  • オンラインインタビュー(コロナ禍で増加傾向)

この2つの調査依頼が中心ですが、他のサイトでは滅多にお目にかかれない「商品サンプルモニター」の依頼もそこそこ届きます。

アンケートサイトの代表格として、「決してアンケートだけではない!」というのは流石ですね。

但し、人気サイトが故に抽選突破にはかなりの「運」が必要で、当選までにかなりの応募数を要することも...。

ここは「数」を武器に、辛抱強く応募を続けたいですね。

登録・詳細確認

マクロミル」公式サイトへ

 

リサーチパネル

ランキングリサーチパネル

大手サイトとして、ある程度の依頼数を期待できるのがリサーチパネル!

上位の2サイトには及びませんが、利用価値は十分にあります。

  • 座談会
  • オンラインインタビュー

参加型調査という点では、インタビュー系の依頼が多い印象です。

知名度の高いサイトなので「倍率」は相当なものでしょうが、マクロミルよりは「当選」に期待できそうです。

リサーチパネルでは、「〇〇に関するアンケート(募集)」といった表記のものが調査募集なんですが、アンケートに回答しないと内容が一切分かりません。

この点が少し煩わしいですね。

登録・詳細確認

リサーチパネル」公式サイトへ