レビュー

マクロミルの会場調査・インタビューが当たらない!倍率や対策を考察!

当選

期待を込めて応募するも当たらない...。

これが、会場調査など高額報酬案件の実態かと思います。

  • 会場調査
  • 座談会(グループインタビュー)
  • オンラインインタビュー
  • 商品モニター

どうして何度も応募しているのに当たらないの?

本当に抽選されてるの?

当ページをご覧頂いているということは、この種の葛藤を抱えているのだと思いますが、実は、ある意味当たらないのは当然なんですね。

何故かと言うと、参加実現までの壁が厚く、相当に倍率が高いからです。

私の経験から導き出した数値でご紹介すると、

アンケートサイトで募集される「会場調査・座談会・インタビュー」の倍率は20倍以上にもなる!

当選率に換算すると5%以下となるので、要するに「20回応募して1回当たれば御の字」という世界なんですね。

私の応募実績

私はマクロミル以外のサイトを含め、この種の調査に100件程度は応募しています。

で、覚えている限り「会場調査」への参加が実現したのはたったの5回だけ...。

もちろん、これはあくまでも私の数値であって、全ての人に該当するとは限りません。中には大きく上振れしている人もいるでしょう。

ただ、私は時間に自由が効く身なので、応募の際は日時を選ばず全てにチェックを付け、当選率を高めるよう努めています。

で、この結果です。

この事実から総合的に考えると、平均的な倍率(当選率)は上記の数値近辺に落ち着くと考えており、十分に参考になる値だと考えています。

  1. 何故当たらないのか?
  2. ではなく、当たらないのが当たり前!
  3. だから、もし当たれば超ラッキー!

正直、このくらいの感覚でいるのが、精神衛生的にも望ましいかと思います。

 

会場調査・座談会・インタビュー調査の参加を阻む壁とは?

危険

何故、応募を繰り返しても当たらないのか?

この種の調査への参加を阻む「壁」についても知っておいて欲しいと思います。

  • ターゲット選定の壁
  • 抽選の壁

各要素を詳しく見ていきましょう。

 

ターゲット選定の壁

この点は忘れられがちですが、参加への第一段階として、調査のターゲットに該当することが求められます。

応募したら「抽選」に参加できている!

このような思い違いをしていないでしょうか?

アンケートと同様に、会場調査・座談会・インタビュー調査にも「ターゲット」というものが存在します。

要は、大抵のケースがこの段階で弾かれていて、抽選にすら辿り着けていないんですね。

アイコン4

例えば、マクロミルのアンケートには「事前・本アンケート」がセットになったものがありますよね。

マクロミルセット

このアンケート、ほどんどのケースで本調査に進めず、事前段階で終了しませんか?

そう、アンケートのターゲットに非該当だったから弾かれたわけで、これと同じことが「会場調査」などの案件でも行われているんですね。

  • 何度も応募しているのに当たらない...
  • 運が悪くて抽選を突破できない...

いいえ、違います。

ターゲット非該当で抽選にすら辿り着けていない!

これが真です。

第一段階としてそびえ立つこの壁、実はメチャクチャ厚いです。

 

抽選の壁

やっとの思いで第一段階を突破できても、次に待っているのが抽選です。

ここに関しては多くを語る必要はないと思いますが、参加には「」も必要だということですね。

  1. マクロミルは人気サイト
  2. 第一の壁を突破してくる人数が多いことが想定される
  3. 会場調査・座談会・インタビューは、募集人数が限られる(少数)
  4. 当然、倍率は高くなり、突破には相当な「運」が必要になる

厳しいです、そりゃ当たりません!

それが普通です。

決してあなただけではありません。

だから、当たれば超ラッキーなんです。

 

会場調査・座談会・インタビュー調査への参加確率を高める対策!

閃く

調査への参加を望むなら、以下3つの対策は積極的に行いたいですね。

  1. 案件を選り好みせず積極的に応募する
  2. 応募条件を軟化させる
  3. 応募総数を増やし「数」で勝負する

参加確率を高める3つの対策に迫っていきましょう。

 

1.調査への応募

前述の通り、参加が限りなく難しい調査なので、種類を問わず積極的に応募したいですね。

  • 会場調査(様々な内容アリ)
  • 座談会(テーマに沿って複数人で話し合う)
  • オンラインインタビュー(Zoomなどを使ってのインタビュー調査)

個々人で抵抗のある調査もあるでしょうが、応募数を増やす意味でも重要です。

人間、一度経験すれば「抵抗感」はかなり軽減されるので、自分が苦手だと感じる分野にも挑戦したいですね。

積極性が可能性を広げ、未来の参加にも繋がります!

現状の狙い目は?

現状のコロナ禍において、最大の狙い目は「オンラインインタビュー」です。

  • 案件数大幅アップ
  • 逆に、会場に赴いての調査は減少傾向
  • Zoomの導入などを嫌い、避ける人が一定数いる

元々、オンラインインタビューは「抵抗感」が強く避ける人が多いので、今の状況も相まって大チャンスの案件です。

この案件に応募できる人は参加確率が高まり、避ける人は厳しい競争を勝ち抜かなければならない...。

コロナが落ち着くまでは、この傾向が続きそうです。

 

2.応募条件の軟化!

この種の調査に応募する際、条件を絞り過ぎてはいないでしょうか?

例えば、あなたの休日(終日空いている日)に、以下のような時間帯で募集が行われていたとしましょう。

  • 9:00 ~ 10:30
  • 11:00 ~ 12:30
  • 13:00 ~ 14:30
  • 15:00 ~ 16:30
  • 17:00 ~ 18:30

この場合、全ての時間帯にチェックを入れて応募していますか?

休日を潰したくないので、午前中のみにチェック!

こんな応募をしていないでしょうか?

気持ちは分かります。

でも、これも当選率を低下させる行為に他なりません。何故なら、同じように考え行動する人がいるので、絞ると倍率が高まるからです。

多くの人が避ける日時にこそチャンスがあります!

そして何よりも、当選しなければ何も始まりません。逆に、当選して高額報酬をゲットすれば、絶対に参加して良かったと思うはずです。

それが仮に「避けたいと考えていた時間帯」であったとしてもです。

 

3.数の力を使う!

仮に、当選確率5%とするならば、20件応募すればいい!

結局、この種の調査への参加を実現する最も有効な対策は、応募総数を増やすことにあります!

当たらないことを前提に「数」を打つのが正解で、これを実践できる人はやっぱり強いです。前述した積極応募の意味もここにあります。

  • マクロミルだけに頼らない
  • 他のサイトを併用して「数」を確保する
  • この種の調査の「応募専用サイト」を作るのもアリ

流石は業界大手、マクロミルの依頼数は決して悪くありません。

でも、私の感覚としては、アンケートサイトの中でトップクラスに「当選率」が低いサイトだと感じています。

人気サイトが故のデメリットと言える部分ですね。

だから、他のサイトとの併用は欠かせません!

アイコン3

この種の調査に圧倒的な強みを持つ「D STYLE WEB 」は絶対に利用したいですし、その他、自分が許容できる範囲で登録数を増やしたいですね。

マクロミル単体だと、1年間応募を続けて、1回も参加が叶わない...

こんな悲劇が普通に起こり得ますので。

ランキングtop3
参考座談会・会場調査の依頼が多いアンケートモニターサイト【TOP3】

続きを見る