安全性・危険性

日本マーケティングリサーチ協会とアンケートモニターの関係!

日本マーケティングリサーチ協会

アンケートモニターの登録先を探していると、「日本マーケティングリサーチ協会(JMRA)」の名を目にすることがあります。

例えば「マクロミル」や「キューモニター」の場合、アンケートサイト内の会社概要ページにおいて「所属団体」の項目に会員であることが明記されています。

 

モニター
先生、日本マーケティングリサーチ協会って、モニターとなる上で重要なんですか?
う~ん、モニターは意識する必要はないんだけど、運営会社の信頼度を推し量ることに使えるよ!
先生
モニター
えっ、どういう意味ですか?
OK、関係性とともにそれが意味するところを解説していくよ!
先生

 

日本マーケティングリサーチ協会は、アンケートサイトの信頼や安全を見極める指標に使える!

安全なアンケートサイトを教えて下さい!

このような要望は多いですが、私はその見極め基準の一つとして「日本マーケティングリサーチ協会」の会員であることを掲げています。

その理由は、以下をお読みいただければ分かるかと思います。

 

日本マーケティングリサーチ協会とは?

日本のマーケティング・リサーチの専門会社が集まり、マーケティング・リサーチの健全な発展と普及、倫理の確立を目指し、昭和50年に設立された団体。

プライバシーマークの付与認定指定機関としても認められている。

 

日本マーケティングリサーチ協会の正会員とは?

当協会の正会員になるには、「マーケティング・リサーチ業を営む法人であること」という条件を満たす必要があります。

それゆえ、正会員である会社は「正真正銘、真っ当なリサーチ会社である」ということが分かるんですね。

  1. 日本マーケティングリサーチ協会の正会員
  2. 真っ当なリサーチ会社
  3. その真っ当な会社が運営するアンケートサイト
  4. 安心・安全のアンケートサイト

このような推測ができ、私たちモニターが懸念する「詐欺」や「個人情報の悪用」とは無縁でいられるわけです。

 

アンケートサイトを装った詐欺も回避できる!

ネット上でも詐欺行為が横行しているこのご時世、実際にアンケートサイトを装った詐欺が過去に発生しています。

アンサーズ.com の詐欺事件

「簡単なアンケートに答えるだけで、誰でもたった1分で1万円の現金をラクラクGET!」などの如何にも怪しい文言を掲げ、登録者に法外な「入会金」なるものを請求。

最終的には全く報酬は支払われず、入会金も返金されないという手口で、多くの方々が消費者被害に遭った詐欺。

アンケートモニターは「市場調査」に協力して報酬を受け取る側である!(プラスにしかなり得ない!)

これを理解していれば、支払いが発生する時点でおかしいと気付くはずですが、アンケートモニターをよく知らない段階では引っ掛かってしまうこともあるんですね。

この詐欺事件に対し、当協会は声明を発表したのですが、その一部を抜粋してご紹介します。

消費者庁からのアンケート調査への注意喚起を受けての声明

 

省略(詐欺事件の概要)

たしかに、JMRAに加盟している調査会社の中には、インターネット調査に協力していただいたモニターの皆様に、ポイントとして謝礼をお支払いするビジネスを展開している会社もあります。

しかしながら、JMRA は、「調査対象者に損害が及んだり、マーケティング・リサーチの社会的信頼を損なうような言動をとってはならないこと」を基本原則としているため、JMRAに加盟している調査会社が、モニター登録の際に、お金を振り込むことを要求することは一切ございません

以下省略

参照:消費者庁からのアンケート調査への注意喚起を受けての声明

要するに、当協会の会員にはモニターに不利益を与える(詐欺行為を行う)会社は存在ませんよ!ということを声明として発表しているんですね。

会員になるには、直近3年分の収支報告書や各種書類が必要で、かつ、入会金・年会費も発生します。

そのため、アンサーズ.comなどの詐欺行為を目的に作られた架空の会社や、実績のない会社は会員にはなれないのです。

信用や安全を推し量るのに使える!

この意味が少しでも理解いただけたのではないでしょうか。

 

モニター
確かに協会に属する会社の運営サイトなら、安心してモニター登録ができるね。
その通り!だから、プライバシーマークと同じように注目して欲しいんだ。
先生
ただ「協会に属していない会社 = 危ない会社」では決してないからね。
先生
モニター
分かりました、あくまでも一つの指標としてってことですね!

 

-安全性・危険性

© 2021 アンケートモニター倶楽部