安全性・危険性

アンケートモニターに「個人情報」が必要な理由!流出とかは大丈夫?

セキュリティ

昨今、ネット社会の伸張と相まって「サイバー攻撃」云々のニュースをよく目にするようになりました。

ウェブ会議を行っている最中に「会社の情報が盗み取られた」なんてニュースも聞きます。それだけ、ネット上でのセキュリティが重視される時代です。

この影響はアンケートモニターにも確実に表れています。

 

モニター
先生、なぜアンケートモニターは登録時に「個人情報」が必要なの? 最近、物騒なニュースが多くて心配で。
それは、アンケートという名の「市場調査」の観点から必要なんだ!
先生
モニター
市場調査の観点?なんだかよく分からないけど...。ただ、必要だとは言われても「個人情報の流出」とかも気になっちゃうんだよね。
OK。じゃ、アンケートモニターと「個人情報」について、必要性、流出の可能性、登録先を見極めるポイントなどを解説していくよ!
先生

 

アンケートサイト登録時に「個人情報」が必要な理由

アンケートサイトに登録してアンケートに答える!

これ実は、一般企業の「市場調査」に協力することを意味します。だからこそ、その見返りとして現金と同等の「ポイント」が貰えるんですね。

この点に関しては、以下のページも合わせてご覧いただくことで、より理解が深まるかと思います。

仕組み
参考アンケートモニターの「仕組み」を知れば、怖いものは何もない!

続きを見る

 

ここで注目して欲しいのが「アンケート = 市場調査」だという点です。

例えば、以下のような会社が存在したと仮定しましょう。

A社

10代・20代の女性向けアパレルブランドを首都圏で展開している

このA社が「市場調査」を行う場合、誰にアンケートを依頼すべきでしょうか?

答えは簡単です。

当然、首都圏に住む10代・20代の女性です!

その理由は、A社からすると、お客様となる可能性のある人(=ターゲット)だからです。

  • 女性向けのブランドなので、男性に意見を聞いても意味がありません
  • 若年層向けのブランドなので、購入に繋がる可能性が著しく低い「年配者」に聞いても意味がありません
  • 商圏が首都圏に限定されているのに、九州在住者に聞いても意味がありません

要するに、アンケートという名の「市場調査」を行う上で、ターゲット選定のために個人情報が必要なんですね。

これが冒頭でお伝えした「市場調査の観点から必要」の意味するところです。

各アンケートサイトにおいては、「モニターの皆様に適切なアンケートを配信するため」といった類の言葉で説明されています。

また、ターゲット選定だけに留まらず、同一人物による成りすまし登録を防ぐお金を振り込む際の本人確認などの意味合いもあります。

 

一般企業に入社する際、履歴書で「個人情報」を提供しますよね。

アンケートモニターの場合は、マーケティングリサーチを生業とする一般企業に提供します。

実は同じなんですね、アンケートモニターはその場所がネット上なだけです!

 

モニター
なるほど、個人情報の登録にも正当な理由があるんだね。だったら納得かな。
ターゲット選定のために必要だけど、個人が特定されるような使われ方はしないから、過度な警戒心を抱く必要もないよ。
先生

 

個人情報の流出に対する懸念について

アンケートサイト(リサーチ会社)による個人情報の流出に関しては、以下の認識を持っておいて下さい。

  • ネット環境を利用する以上、流出について「100%大丈夫」はあり得ない
  • アンケートサイトが故意に個人情報を流出させることはない

この世に「悪意の第三者」がいる限り、どんなに強固なセキュリティを施そうが、それが破られる可能性は十分あります。

それゆえ、流出の可能性をゼロにすることはできません。

これはアンケートサイトに限定した話ではなく、ネットを介したありとあらゆるサービスにおける共通事項です。

ネット環境を利用している以上、避けようのないリスクとして付き合っていくしかありません

 

アンケートモニターでの流出

残念ながら、アンケートモニターの世界においても流出事案は発生しています。

2019年に起きた不正アクセス(サイバー攻撃)による「アンとケイト」の個人情報流出です。

私は15ものアンケートサイトに登録していますが、流出の憂き目にあったのはこの1度だけです。

 

もちろん、この件に関しては憤りを感じましたが、悪意の第三者による犯罪であるため、企業を攻める気にはなりません。

また、アンとケイトの運営会社は「プライバシーマーク」も取得しており、一定以上の管理体制は整っていたとも推測できるので...。

結局、個人情報の流出に関して私たちができることは、登録先を見極めることだけです。(見極める際に参考となる「指標」については後述しています。)

この会社になら個人情報を提供できる!を見つけ、あとは信用するしかありません。

 

登録先のアンケートサイトを見極めるポイント

https

アンケートサイトを見極める上で慎重を期すのであれば、以下の3点を「指標」とすることをおすすめします。

  1. SSL暗号化通信の採用
  2. プライバシーマークの取得
  3. 日本マーケティングリサーチ協会所属

私の知る限り、「1」を満たしていないサイトは存在しません。

当サイトでも採用しているくらいなので、満たしていないサイトがあれば絶対に避けるべきです。

暗号化通信はサイトのURLから見極め可能で、「https」で始まっていればOKです。

「2」と「3」に関しては、大手のリサーチ会社は大抵満たしていますが、中小になるとまちまちです。そのため、指標として十分に利用できます。

もちろん、この3点が揃っても絶対はないですが、サイバー攻撃に対する防御策を施していることの証明にはなるので、一定以上の信用度はあります

 

まとめ

まとめ

ネット上での詐欺行為やサイバー犯罪の増加で、個人情報の扱いは慎重にならざるを得ません。

ただ、今の社会を生きる上で「ネットを利用しない」という選択は不可能です。

だからこそ、「信用できる会社の見極め」と「ある種の割り切り」が必要で、アンケートモニターに関してもそれは同じです。

  • 市場調査という観点から個人情報の提供が必要
  • 一般企業で働く際に個人情報を提供するのと何もかわらない
  • 個人情報の流出を100%防ぐことはできない
  • アンケートサイトの運営会社が、故意に流出、または悪用することはない
  • 登録するサイト(会社)を基準を決めて見極める

この5点を意識してアンケートモニターと向き合ってみてはいかがでしょうか。

せっかく興味を持った稼ぐ手段、「個人情報が心配」というだけでそのチャンスを逃すのは勿体ないことかもしれません。

前述した「見極め基準」を使用して選んだアンケートサイトを以下のページでご紹介しています。安全な登録先を選ぶ参考にしていただければと思います。

ランキングTOP3
参考アンケートモニター安全・人気合同ランキング!【脱落形式採用】

続きを見る

 

-安全性・危険性

© 2021 アンケートモニター倶楽部