レビュー

Ipsos iSayの「怪しい」を誘発する3つのポイントを徹底解剖!

ipsosisay怪しい
モニター
先生、Ipsos iSayは普通のアンケートサイトなんですか?
うん、そうだよ。
先生
モニター
本当ですか?

何だか怪しい匂いがするんですが・・・。

確かに、他のサイトとは異なる特徴を持つので、怪しいと感じてしまうかもね。
先生
OK、Ipsos iSayの怪しいポイントについて考察してみよう!
先生

 

注意ポイント

アンケートサイト「i-Say」は、サイトリニューアルに伴い「Ipsos iSay」に名称が変更されました。(2022年1月末)

現状、一部のシステムが未実装(特典・ミニアンケート作成機能)であるため、内容に若干のズレが生じている点はご了承下さい。

新サイトのFAQにて順次実装予定と回答しているので、掲載は継続しています。

 

Ipsos iSayの「怪しい」を誘発するポイントを徹底解剖しよう!

理解

Ipsos iSayの公式ページには「疑問を感じざるを得ない言葉」がいくつも並んでおり、 怪しいという感情を抱くのはある意味当然です。

  • 皆さんの声で世界と未来を変えてみましょう
  • i-Sayで意見をシェアして謝礼を獲得しよう!
  • 世界50ヶ国以上に広がるオンラインアンケートコミュニティーへようこそ!
  • たくさんの方々が既に当選されています。次の当選者はあなたかも!
  • ミニアンケートを作成、主役はあなた!

うん、怪しい、怪しすぎる!

実際、Ipsos iSayは他のアンケートサイトには見られない「特異性」を持っていて、これが上記の言葉に表れているんですね。

ただ、実態は普通のアンケートサイトです!

Ipsos iSayの「怪しい」を払拭し、真の姿を暴いていきましょう。

 

1.世界

Ipsos iSayでは「世界」という言葉が何度も登場しますが、これは、当サイトが外資系のアンケートサイトだからです。

公式サイトに明記されている通り、世界有数のリサーチ会社「Ipsos(イプソス)」が運営しており、日本でも「市場調査」を行っているんですね。

世界のあらゆる企業がアンケートの依頼主となるので、「世界」といった大きな表現が使われています。

日本のリサーチ会社が運営するサイトなら、「あなたの声を企業に伝えよう」などの文言が用いられますが、あれの世界版ですね。

isay世界

日本を代表するリサーチ会社「マクロミル」&「インテージ」もアンケートサイトを運営していますが、海外でも「市場調査」を行っています。

メモ

株式会社マクロミルは同名の「マクロミル」を、株式会社インテージは「キューモニター」というアンケートサイトを運営している。

Ipsos iSayはこれの逆バージョンなだけで、外資系のリサーチ会社が日本で「市場調査」を行うことは、何も怪しいことではありません。

昨今は商圏が世界規模に広がっているので、必然の流れとも言えます。

  • Amazonが日本で市場調査を行う
  • Googleが日本で市場調査を行う

何も疑問を感じませんよね?

世界規模でビジネスを展開する会社が、リサーチ会社である「Ipsos」に市場調査を依頼し、そのアンケートが「iIpsos iSay」に届く。

ただそれだけです。

意見をシェアという文言も、「アンケートに回答すること」をカッコよく表現したに過ぎません。

※運営会社の「Ipsos」に関しても、怪しさ皆無、信用に値するリサーチ会社です。

Ipsosisay安全
参考Ipsos iSayは安全なアンケートサイトなの?現役モニター視点で判定!

続きを見る

 

2.当選

Ipsos iSayでは頻繁に「当選」という言葉が登場しますが、これも「怪しさ」を誘発する一つの要因かと思います。

  • 毎月5,000ポイントが当たるマンスリー抽選キャンペーン開催中!
  • たくさんの方々が既に当選されています。次の当選者はあなたかも!

他のアンケートサイトには見られない表現なので、何か「普通じゃない怪しいモノ」を想像してしまいますよね。

アイコン1

安心して下さい。

これは、ただの付加価値的な要素に過ぎません!

Ipsos iSayには、私たちモニターにとって嬉しい「ボーナス特典」が複数用意されているんですね。

  • 会員登録後3ヶ月と6ヶ月の節目に7pt、一年ごとに毎年77pt(全モニター対象)
  • 登録後17件のアンケート完了で77pt(全モニター対象)
  • 毎月アンケート回答者の中から10名に5,000pt
  • その他、各種キャンペーン

当選人数が10人程度のキャンペーンが中心ですが、プラス要素でしかない付加価値です。

アンケートに回答すれば自動エントリーされるので、私たちモニターは特別に何かを意識する必要もありません。

isayアンケートチャンピオン

当たれば「超ラッキー」的な、怪しさ皆無の嬉しい特典です!

これが、当選の真実です。

 

3.ミニアンケート

ミニアンケート関連の文言も、混乱を招く怪しい要素かと思います。

  • ミニアンケートに投票
  • ミニアンケートを作成、主役はあなた
  • ミニアンケートで他のi-Sayメンバーと交流しよう

この点に関しても心配は無用で、ただの付加価値的な要素に過ぎません。

自分で簡単なアンケートが作成でき、他のモニターの意見を聞くことができる。逆に、他のモニターが作ったアンケートにも回答できる。

isayミニアンケート

Ipsos iSayではこれを「他のメンバーとの交流(オンラインアンケートコミュニティー)」と表現しているだけで、参加の義務や強制力は一切ありません。

ぶっちゃけ盛り上がっている印象もないですし、私自身は一度も関わったことがないです。

ミニアンケートに関しても、怪しさ皆無、スタンス自由の付加価値な要素に過ぎない!

これが真です。

 

まとめ

結論

ここまで、Ipsos iSayが放つ「怪しさ」について解説していきましたが、少しは怪しさを払拭できたでしょうか。

ここまでの内容を纏めると、

  • Ipsos iSayは世界有数のリサーチ会社が運営する「外資系のアンケートサイト」である
  • 外資系のリサーチ会社が日本で「市場調査」を行うのは普通のこと
  • ボーナス特典が豊富で、当選云々に怪しい点はない
  • ミニアンケートは参加スタンス自由の付加価値要素に過ぎず、怪しいモノではない

Ipsos iSayは普通のアンケートサイトである!

この認識で良いのではないでしょうか。

事実、他のアンケートサイトと同じく、アンケートに回答してポイントを稼ぐだけの運用が可能です。

この点は私の利用実績から保証できますし、不必要な事柄を強制されることはありません。

本当に普通のアンケートサイトです。

怪しさを感じるのは、外資系でかつ特殊な特徴を持つからで、慣れれば何も問題ありません。

怪しさは拭えた!

Ipsos iSay」公式サイトへ

 

モニター
Ipsos iSayは外資系サイトなだけで、普通のアンケートサイトとの認識でいいんですね。
その通り!

特殊な表現や特徴が「怪しさ」を誘発しているだけなんだ!

先生
モニター
なるほど!

これで安心して始められそうです。