収入(お金・稼ぎ方)

infoQの「換金(現金化)」に関する5つの基礎情報&お得情報!

ポイント換金

infoQの「換金(現金化)」に関して、以下5つの基礎情報に迫っていきます。

  1. 換金可否・方法
  2. 振込可能銀行
  3. 振込手数料
  4. 最低交換額
  5. 振込完了までの日数

望み通りの換金(現金化)を実現するための参考情報としてご利用下さい。

 

1.換金可否・方法

infoQで獲得したポイントは、銀行振込による換金(現金化)が可能です!

ポイント交換サイトへの「ポイント移行」にも対応しているため、換金方法は2パターン存在します。

infoQ直接振込

換金パターン1(直接振込)

infoQの公式サイトから直接振込を申請する方法ですね。

直接振込の利点は、手間なく楽に換金が行えること。ただ、振込が可能な銀行(後述)は限られており、人を選びます。

アイコン4

infoQ交換サイト経由で振込

換金パターン2(交換サイト経由)

一旦、交換サイトにポイントを移行し、交換サイトから銀行を指定して換金する方法です。

換金には、以下3つの交換サイトが利用できます。

  • PeX
  • .money
  • G-Point

交換サイトを経由すると作業工程が増えますが、地方銀行を含む、全国のあらゆる銀行に振込できるため、人を選びません。

また、交換サイトを使うことで「手数料」を安くできることも!

 

2.振込可能銀行

infoQから直接振込が可能な銀行は、次の5行です。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • PayPay銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行

口座をお持ちの人が多いであろう「大手銀」に対応していないのが痛いですね。

上記以外の銀行に振込を希望する場合は、必然的に「交換サイト」を経由することになります。

 

3.振込手数料

基本、infoQの「直接振込」による換金は手数料が発生する!

同GMOグループが運営する銀行に関しては無料ですが、恐らく、口座をお持ちの人は極少数かと思います。

ゆえに、直接振込に関してはこの認識で間違っていません!

この点は、直接振込の手数料を負担してくれる「マクロミル」&「キューモニター」などと比較すると、モニターに優しくないですね。

銀行名手数料(円換算)
GMOあおぞらネット銀行無料
PayPay銀行100円
住信SBIネット銀行100円
楽天銀行100円
ゆうちょ銀行100円
その他交換サイトによる

実は、手数料の観点から言えば、換金は「.money」を使うのがお得です!

何故かと言うと、全銀行の振込手数料が無料だからです。また、振込完了までの日数も、「.money経由」と「infoQの直接振込」でほとんど差はありません。

つまり、infoQの直接振込による換金は、手数料分のポイントを失うだけの無駄な行為なんです...。

 

4.最低交換額

直接振込が可能な銀行に関しては、最低交換額は共通です。

銀行名最低交換額
GMOあおぞらネット銀行1,000pt
PayPay銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
ゆうちょ銀行
その他交換サイトによる

交換サイト「.money」も最低交換額は1,000pt~となっているので、換金を望む場合は1,000ptを一つの目標にするのが良いかと思います。

ちなみに、PeXやGーPointは「500pt+手数料」で換金可能ですが、手数料の割合が高くなるので、最低交換額での換金はおすすめできません。

 

5.振込完了までの日数

infoQの換金は完了までに時間を要する!

これは既成事実として頭に入れておきましょう。

銀行名振込実行日
GMOあおぞらネット銀行お申込月の翌月末日頃
PayPay銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
ゆうちょ銀行
その他交換サイトによる

交換サイトへのポイント移行も時間を要す(お申込月の翌月末日頃の反映)ので、最短でも換金完了まで1ヶ月程度を要します。

月初に申請すると振込完了まで2ヶ月前後もかかるので、「直接振込」or「交換サイト経由」を問わず、ポイントの交換申請は月末に行いましょう。