収入(お金・稼ぎ方)

マクロミルは「Pontaポイント」を稼ぐのに使えるの?

マクロミルPontaポイント交換
モニター
先生、マクロミルは「Pontaポイント」を稼ぐのに使えますか?
公式サイトの「交換先」には掲載されていないよね。
先生
モニター
はい、なので「Pontaポイント」の獲得には使えないのかと...。
OK、マクロミルの「Pontaポイント」への交換について見ていこう!
先生

 

マクロミルの「Pontaポイント」への交換可否について!

どっち

表題の件について、先に結論をお伝えします。

  • マクロミルは「Pontaポイント」への交換が可能
  • 但し、ポイント交換サイトの利用が必要不可欠

Pontaポイントへの直接交換には対応していないので、「ポイント交換サイト」を経由しての交換が必要です。

これが、公式サイトの「交換先」として具体的に明記されていない理由なんですね。

ただ、最終的にはPontaへと交換できるので安心して下さい!

マクロミルpexポンタ

交換イメージ

交換の工程が増えて面倒に感じるかもしれませんが、ポイント交換サイトは有用なもの!

ここは、「利用する良いきっかけ」と前向きに捉えて欲しいと思います。

マクロミルでは、以下2つの交換サイトが使えます。

  • PeX
  • G-Point

Pontaポイントへの交換に関しては一長一短で、優劣が付け辛いです。あなたの希望や便宜に応じて使い分けて下さい。

ただ一つ認識しておいて欲しいのは、「Pontaポイントへの交換には手数料が発生する」ということ。

PeXG-Point
マクロミル ⇒ 交換サイトへの移行1週間程度翌月15日以降
交換レート110pt ⇒ 100pt100pt ⇒ 100pt
交換手数料無料5%
Pontaポイントへの反映期間3日前後3~4日後

※上表のptは「1pt = 1円」のレートに換算して表示しています!

PeXは交換完了までの期間が短い(1週間+3日)のが利点ですが、交換レートと言う名の手数料が必要で、実質10%のポイントが差し引かれます。

G-Pointは交換完了までに時間を要すのが難点ですが、手数料が5%なので、PeXよりも損失を抑えることができます。

 

第三の選択肢も検討しよう!

正直、マクロミルでの頑張りを「手数料」で持っていかれるのは勿体ない!

  • 銀行振込で現金化する
  • 等価交換が可能なモノに交換する

これらの方法を採用して損失をゼロにするのも一つです。

特に、手数料無料で直接振込が可能な点は、大いに利用価値があるかと思います。

もちろん、Pontaポイントの獲得を強く望んでいて、前述の「手数料」を許容できるのであれば問題ありませんが...。

 

まとめ

まとめ

マクロミルの「Pontaポイント」への交換についての纏めは以下の通りです。

  • マクロミルは「Pontaポイント」を稼ぐのに使える
  • 但し、ポイント交換サイトの利用が必要で、手数料も発生する
  • 現金化や等価交換を利用して「損失ゼロ」を目指すのも一つ

兎にも角にも、マクロミルは「Pontaポイント」を稼ぐのに使えるアンケートサイトです。

手数料を許容するかどうかは、「1ptの価値」を知ってから決めればOKだと思います。

まずは、マクロミルでアンケートに回答して「価値」を知ることが、Pontaポイント獲得の第一歩ではないでしょうか。

Pontaポイント獲得を目指す!

マクロミル」公式サイトへ