収入(お金・稼ぎ方)

リサーチパネルの「換金(現金化)」に関する6つの確認事項!

換金

リサーチパネルの「換金(現金化)」に関して、以下6つの確認事項に迫っていきます。

  1. 換金可否
  2. 換金方法
  3. 振込可能銀行
  4. 振込手数料
  5. 最低交換額
  6. 振込完了までの日数

意図した換金(現金化)を行うための参考情報としてご活用下さい。

 

1.換金可否

リサーチパネルのポイント交換は「PeX」を通して行うのですが、ポイント交換サイトとしてもちろん「銀行振込」に対応しています。

ゆえに、リサーチパネルでアンケートに回答して獲得したポイントは、銀行振込による換金(現金化)が可能です。

リサーチパネル換金

換金イメージ

PeXへの即時交換は、申請後1分以内に完了します。

これは、グループ会社が運営している強みと言える部分で、私たちモニターにとってはメリットですね。

※リサーチパネル、ECナビ、PeXは全て同一グループが運営している!

PeXへのポイント移行は即完了するので、振込に要する日数はPeXに委ねられていて、振込先によって異なります。(後述)

 

2.換金方法

換金方法を簡潔に表すと、以下の流れとなります。

  1. ECナビにログインし、ポイント交換申請
  2. PeXにログインし、振込申請
  3. 振込実行(振込先に応じて日数は変化)

上画像の通り、リサーチパネルのポイントは「ECナビ」で管理されるため、交換申請は「ECナビ」から行います。

※リサーチパネルはアンケート回答の専門サイトなので、交換の際にログインする必要はありません。

各交換申請時に「メール」や「携帯SMS」による本人確認が行われます!

この点は手間で煩わしいですが、不正ログインによる「ポイント喪失」を防ぐためのセキュリティ対策なので我慢しましょう。

 

3.振込可能銀行

ネット銀行や地方銀行を含め、全ての銀行に振込可能!

リサーチパネルの換金は銀行を選びません。これは、ポイント交換サイトを通して換金を行うメリットですね。

 

4.振込手数料

リサーチパネル(PeX)の換金は、振込手数料が発生する!

この点はしっかりと頭に入れておきたいですね。

銀行名手数料(円換算)
楽天銀行50円
ゆうちょ銀行50円
みずほ銀行50円
PayPay銀行100円
住信SBIネット銀行50円
その他の銀行200円

リサーチパネルと同様、大手の有名サイト「マクロミル」&「キューモニター」は無料で換金できることを考えると、この点はマイナス要素と言わざるを得ません。

ここは、一定期間ポイントを貯めてから換金するなど、振込回数を極力減らして損失を抑えたいですね。

PeXの特性(アンケートサイトを幅広くカバー)を活かし、複数のサイトからポイントを集約して一括換金するのも手です。

 

5.最低交換額

最低交換額に関しては、全銀行共通です。

銀行名最低交換額
楽天銀行PeX(5,000pt)+ 手数料
ゆうちょ銀行
みずほ銀行
PayPay銀行
住信SBIネット銀行
その他の銀行

PeXでは「10pt = 1円」のレートが用いられているため、「500円+手数料」が最低交換額となります。

例えば、みずほ銀行の場合は550円、PayPay銀行の場合は600円分のPeXポイントを持っていれば、振込が可能に。

 

6.振込完了までの日数

振込に要する日数は、振込先の銀行によって大きく異なります。

銀行名振込日数
楽天銀行即時 ~ 数時間
ゆうちょ銀行翌月25日前後
みずほ銀行翌月25日前後
PayPay銀行翌月25日前後
住信SBIネット銀行翌月25日前後
その他の銀行翌日 ~1週間前後

楽天銀行の場合は、換金を思い立ったその日に振込を完了させることができます。

一方で、翌月末に振込が行われる銀行の場合、月初に申請すると最長で2ヶ月弱待たされることに...。

ここには大きな隔たりがあるので、自身が振込を希望する銀行に応じて、適切な時期に申請を行いましょう。

 

有益なアンケートサイトをご紹介!

マクロミル

圧倒的なアンケート依頼数を武器に "No.1" の収入を生み出してくれるアンケートサイトの最高峰!

一部上場企業による安心・安全運営を味方に "これぞアンケートモニター" を真に体験させてくれる。

キューモニター

あらゆる要素で平均点以上を叩き出す "安定感抜群" のアンケートサイト!

リサーチ業界のTOP企業(国内売上No.1)による安心・安全運営はもちろん、大きく稼ぐチャンスを秘めている点も見逃せない。

オピニオンワールド

外資系アンケートサイトのポテンシャルを最大限まで引き出した " 一発の破壊力(高単価)" が魅力!

コツコツよりも "ガツン" と一気に稼ぎたい人に打ってつけ。