安全性・危険性

マクロミルの「会場調査」に危険アリ?その実態と注意点を解説!

危険

 

モニター
先生、マクロミルの「会場調査」って危険ですか?
全然、危険じゃないよ! でも、アンケートの回答とは異なる部分もあるから、正しく把握しておく必要はあるかもね。
先生
モニター
そうなんですね。是非教えて下さい!
OK、会場調査について、その実態と注意点を詳しく解説していくよ!
先生

 

会場調査(座談会)を知って、危険なものでないことを理解しよう!

会場調査や座談会というのは、アンケートと同じで一般企業からの調査依頼で成り立っています。

  • 新商品を消費者に試してもらいたいので、モニターを集めて欲しい
  • 新たなサービスを模索しているので、消費者の意見が聞きたい

といった感じです。

基本、企業は新商品の開発やサービスの改善を行う際、事前に”モニタリング”を行います。実際に試用してもらって、問題点や改善点を洗い出すためです。

その際、マクロミルなどのリサーチ会社に「モニターの確保」を依頼するんですね。これがマクロミルで「会場調査」や「座談会」が募集される理由です。

つまり、会場調査に参加するということは、一般企業のモニタリングに協力するということであって、決して「危険な行為」ではないということ。

 

モニター
なるほど、得体の知れない”怪しい調査”に参加するわけではないんだね。
そうなんだ。会場調査は日々いたる所で行われていて、特に商品(食料品)を製造している会社においては開発の一環なんだ!
先生

 

実際、私は何度も会場調査に参加(マクロミル以外も含む)していますが、一度も不快な気持ちになったことはありません。

どの調査でも丁寧な応対を受けましたし、実際に報酬を手にした時は「やって良かった」という感想を抱きました。

これが会場調査の実態なので、必要以上に警戒する必要はありません。

 

会場調査に応募する際の心構えと注意点!

チェック

ここからは、会場調査に応募する際の心構え(把握しておきたいこと)、および「注意点」についてお伝えしていきます。

 

企業名は明かされない

基本的に「新商品の情報」などはトップシークレットであるため、参加する調査の企業名は明かされません

事前に企業名を把握しておきたい、といった想いをお持ちの方もいるかもしれませんが、それは叶いません。

この点は、市場調査という観点から仕方のない部分なので理解しておきましょう。通常のアンケートに企業名が記載されていないのと同じです。

 

自身が許容できる範囲であるか、調査内容を詳細に把握する

会場に着いて、「えっ、そんなの聞いてないんだけど」が一番最悪です。

会場調査に応募する際は、事前に「調査の内容」「個人情報の取り扱い」「注意事項」などをしっかりと把握しておきましょう。

この点はアンケート内に詳しく記載されています。(最終参加確認の電話でも念を押される。)

 

参加確認のためにマクロミルから電話、当日も本人確認がある

普段アンケートに答えている限りは、マクロミルと直接やり取りすることはありません。

しかし、会場調査や座談会は別で、該当者に選ばれた場合は”電話”による最終の参加意思確認が行われるのが常です。

これは、マクロミルが”お客様である企業の調査”に確実にモニターを送り込むためです。

例えば、「モニターが来なくて想定していたデータが得られない」なんてのは信用に関わる問題ですからね。

そのため、電話による接触は受け入れる必要があります。また、調査当日も必ず身分証提示による本人確認が行われます

 

絶対にドタキャンしない

当日ドタキャンは絶対にやってはいけません。

  1. 会場調査に応募
  2. 電話による最終の意思確認で「参加します」と回答
  3. 当日にドタキャン

これ、社会人としてあるまじき行為ですよね。マクロミル、調査を依頼した会社、双方に多大な迷惑をかけることになります。

恐らくこれをやってしまうと、今後どんな調査に応募しても参加は不可能でしょう。

私は内部の人間ではないので確証はありませんが、「ドタキャンした要注意人物」としてチェックされ、抽選対象から外れるくらいのペナルティは普通にあり得ます。

こうした不利益を防ぐためにも、「確実に参加できる日時」にチェックを入れて応募しましょう。

 

応募したからと言って、参加できるとは限らない

会場調査って時給換算すると相当に美味しい調査です。

だから、多くの人が参加を切望し、実際に応募します。そのため、応募過多で絶対に抽選になります。

ましてや、マクロミルは人気のアンケートサイトです。

何が言いたいかというと、ぶっちゃけ当たりません!!

こんな偉そうに会場調査について書いていますが、私自身、マクロミル経由で調査に参加できたのは一度だけです。(30回以上は応募している)

会場調査は過去に10回程度参加していますが、他のアンケートサイトからの応募が大半です。

もちろん、人気調査なので参加への障壁が高いのはどこも同じですが、「マクロミルは倍率が最も高いのでは?」と私は感じています。

マクロミルのキャラ

これが実態なので、「当たったら超ラッキー」的な感覚で応募するのが精神的にも健全です。

「この会場調査は高額報酬で私にも合っている!絶対に参加したい!」と気張って応募しても、その願いは高い確率で跳ね返されます。

気張らず、気楽にいきましょう!!

そして、めげずに応募を続けましょう。

 

会場調査への参加に対するヒント!

会場調査(座談会)に初めて応募する時は少しドキドキするし、「大丈夫かな?」「危険はないのかな?」なんて心配もします。

ただ、一度参加すればそれが如何に”無用な心配”であったのか理解できます。むしろ、一度参加して美味しい報酬を手に入れると、どんどん参加したくなります。

アンケート回答では得ることができない高額報酬を短時間でゲットできますからね。

人間、初めてのことにトライする時には必ず警戒心がはたらきます。でも、一度経験すると、その障壁は各段に低くなります。

是非、積極的にトライして下さい。

会場調査は危険なモノではない!

これを真に理解するには、自分自身で体験する以外にありません。

ランキングtop3
参考座談会・会場調査の依頼が多いアンケートモニターサイト【TOP3】

続きを見る

 

-安全性・危険性

© 2021 アンケートモニター倶楽部