知恵袋(Q&A)

マクロミルは「LINEポイント」への交換に対応しているの?

LINEポイント交換
モニター
先生、マクロミルのポイントは「LINEポイント」に交換できますか?
交換先の一覧には掲載されていないよね。
先生
モニター
はい、交換できれば嬉しいのですが、無理なのかなと...。
OK、マクロミルの「LINEポイント」への交換に迫ってみよう!
先生

 

マクロミルの「LINEポイント」への交換可否について!

どっち

確かに、公式サイトで紹介されている交換先に「LINEポイント」の掲載はありません。

でも、大丈夫!

マクロミルのポイントは、交換サイトを利用することで「LINEポイント」に交換可能です!

交換先として掲載がないのは、直接交換に対応しておらず、交換サイト「G-point」or「PeX」の先に存在するからです。

マクロミル交換先

交換サイトの利用には新たに登録作業が必要ですが、アンケートモニターとしての「拡張性」を考えると、登録しておいて絶対に損はありません。

利用を始める良い機会と、前向きに捉えて欲しいと思います。

注意

マクロミルはLINEの「ID」と「パスワード」で新規登録やログインが可能ですが、これは直接交換を可能とするものではありません。

 

交換サイトはどっちがいい?

LINEポイントへの交換はどちらも可能ですが、今後のモニター生活まで含めて考えると「PeX」の利用を推奨します。

これは、PeXが大手の有名アンケートサイトを漏れなくカバーしており、アンケートモニター御用達の交換サイトだからです。

pexとアンケートモニター
参考アンケートモニターと「PeX」の間には”密な関係”が存在する!

続きを見る

マクロミル以外のサイトも利用して、より沢山の「LINEポイント」を手にしたい!

こんな欲求が湧いても、PeXさえ持っておけば簡単に実現可能です。

 

LINEポイントへの交換には手数料が!

ポイント交換サイトは「交換先」によって手数料が発生するのですが、LINEポイントもその一つです。

PeXは交換手数料は無料ですが、交換レートという名の手数料が発生します。

PexからLINEポイント

PeXは「10P = 1円」の円換算レートを採用しているので、上画像は「11円分のポイント ⇒ 10円分のLINEポイント」を表しています。

要するに、手数料は10%!

例えば、LINEポイント1,000ptに交換したい場合は、1,100円分のポイントが必要だということ。

ぶっちゃけ、高過ぎるっ!!

一方、G-pointの手数料5%!

PeXと比較すると良心的に感じますが、損失が発生するのは同じです。

※G-pointの手数料が抑えられているのは、全ての交換先で手数料を取っているからです。(PeXは無料の交換先が存在する)

アイコン4

手数料を許容できる人は問題ありませんが、そうでない人には提案があります。

  1. マクロミルは直接振込(手数料無料)による現金化が可能
  2. このメリットを活かし、マクロミルのポイントは換金する
  3. 換金額と同額のLINEポイントを自分で購入する

この方法を採用すれば手数料云々を気にする必要はなく、マクロミルで稼いだポイントを余すことなく受け取れます。

LINEポイントの獲得方法は一つではないので、損失を回避したい人はご検討下さい。

 

まとめ

まとめ

マクロミルの「LINEポイント」への交換について見てきましたが、まとめると以下の通りです。

  • マクロミルのポイントは「LINEポイント」へ交換可能
  • 但し、ポイント交換サイトの利用が必要で、手数料も発生する
  • 銀行振込を活用して「損失ゼロ」を目指すのも手

兎にも角にも、マクロミルは「LINEポイント」を手に出来るアンケートサイトです。

交換サイトへの登録や利用可否は、その必要が生じるまでに結論を出せばOKです!

やっぱり、実際にアンケートに回答してポイントを獲得しないと、「損失を許容できるかどうか」は見えてこないですからね。

まずは、1ptの価値を知るために「マクロミル」で頑張ることが、LINEポイント獲得の第一歩です。

 

モニター
色々考えるところはあるけど、LINEポイントへの交換が可能なので安心して始められそうです。
マクロミルは収入期待値No.1のサイトだから、頑張って沢山稼ぎたいね。
先生