知恵袋(Q&A)

アンケートモニターは正社員(社会人)がやっても大丈夫?

はてなひらめき
モニター
先生、アンケートモニターは正社員として働いている人がやっても大丈夫ですか?
副業との兼ね合いなど、様々な制約のある正社員は気になるよね。
先生
モニター
はい、興味はあるんですが、現状に影響を与えるのなら考えものなんで・・・。
OK、アンケートモニターが正社員として働く人に与える影響についえ考えていこう!
先生

 

アンケートモニターに対する正社員の懸念事項

閃く

正社員の方がアンケートモニターに簡単に踏み出せないのは、以下のような疑問が頭をよぎるからではないでしょうか。

  1. 副業禁止に該当するようなものなのか?
  2. 確定申告が必要になるのか?
  3. 増税など、税金に影響を与えるか?
  4. 会社に収入を得たことが知られるのか?
  5. 年末調整に影響を与えるのか?

私もアンケートモニターを始めた頃は「正社員」として働いていたので、これらの疑問を抱いたことを覚えています。

実際、アンケートモニターは現金として謝礼を受け取れるので、新たな収入源との見方もできます。その意味で、正社員の方が心配するのも当然です。

でも、安心して下さい。

上記で挙げた全ての項目、全く持って心配無用です!

  1. 会社が禁止するような副業には該当しない
  2. 確定申告が必要な金額(有職者:年間20万円以上)を稼ぐことは実質不可能
  3. 確定申告をしないので税金には影響しない
  4. 会社に限らず、誰にもバレない
  5. 年末調整は収入を報告するものではないので影響なし

ここでは、一つ一つを詳細には解説しませんが、これは紛れもなく "事実" だということはお伝えします。

アンケートモニターは正社員として働くあなたに悪影響を与えるものではない!

この認識で間違いありません。

ぶっちゃけた話、アンケートモニターって全く持ってそんな大層なものじゃないです。

これは実際にやってもらうと本当に良く分かります!

上記1~5を詳しく知りたい!

はてな
アンケートモニターは副業禁止に該当するの?やると会社にバレる?

続きを見る

 

実は、正社員モニターが最も多い!

仲間

仮にアンケートモニターが「確定申告」や「増税」を誘発するものなら、大多数の正社員が回避するはずです。

でも、実際はそうなっていません!

アンケートモニターは様々な属性の方が取り組んでいますが、最も割合が高いのは「会社員(正社員)」なんです

ここで、大手アンケートサイト「マクロミル」の登録者データを見てみましょう。

マクロミルのモニター属性

会社員の割合は36.3%と圧倒的で、実質的に正社員と同義で考えられる「経営者・役員」や「公務員」も合わせると40%を超えます。

また、自営業・自由業・パート・アルバイトも含め、本業を持つ人の割合で考えると60%以上にもなります。

これらの数字も、前述した内容が正しいことを証明しているのではないでしょうか。

現在、マクロミルはモニター数を約130万人として会社HPに掲載しており、この内の40%となると、単純計算で520,000人にもなります。

これだけの数の仲間がいれば安心じゃないですか?

正社員だからと過度に警戒する必要はありません。

あなたと同じ正社員モニターは既にたくさんいらっしゃいます!!

 

モニター
正社員として働く人に悪影響を与えることはない!

この認識でいいんですね。

その通り、実際に多くの人が "本業を持って働きつつ" 取り組んでいるものだからね。
先生
モニター
既にたくさんの仲間もいるみたいだし大丈夫そうだね。
アンケートに答えて市場調査に協力し、その見返りとしてチョット稼ぐ!

これくらいの軽い感覚で気軽に取り組めるものだよ。

先生

 

有益なアンケートサイトをご紹介!

マクロミル

圧倒的なアンケート依頼数を武器にNo.1の収入を生み出すアンケートサイトの最高峰!

東証プライム上場企業による安心・安全運営を味方に、これぞアンケートモニターを真に体験させてくれます。

キューモニター

あらゆる要素で平均点以上を叩き出す安定感抜群のアンケートサイト!

リサーチ業界のTOP企業(国内売上No.1)による安心・安全運営はもちろん、大きく稼ぐチャンスを秘めているのが面白い。

オピニオンワールド

外資系アンケートサイトのポテンシャルを最大限まで引き出した一発の破壊力(高単価)が魅力!

コツコツよりもガツンと一気に稼ぎたい人に打ってつけ。