収入(お金・稼ぎ方)

キューモニターのアンケートが来ない(少ない)理由と有効な対策!

紙とタブレット

 

モニター
意気揚々とキューモニターに登録したのはいいけれど、アンケートがあまり来ないんだよねぇ。
確かにアンケートの配信頻度は低いかもしれないね。
先生
モニター
それじゃ、キューモニターはアンケートが少なくて稼げないサイトなの?
う~ん、そうとも言い切れない部分もあるんだよね。OK、この疑問に対する答えを、アンケートが少ない理由と一緒にお伝えしていくよ!
先生

 

キューモニターのアンケートが来ない(少ない)理由とは?

キューモニターは「株式会社インテージ」という会社に運営されているんですが、実はこの会社、国内マーケティングリサーチ業界No.1の売上を誇る会社です。

国内No.2の「マクロミル」と比較しても売上の優位性は高いです。(売上単位は百万)

社名/年度 2017年 2018年 2019年
インテージ 47,987 50,499 53,986
マクロミル 35,514 40,024 44,279

えっ!?

売上がNo.1ならアンケート依頼数も多いのでは?

そう、基本的に売上が高い会社はアンケートの依頼数にも期待が持てます。でも、キューモニターはアンケートが多いとは言い難い...。

なぜか?

実はこれ、会社の得意分野(強み)が影響しているんですね。

 

インテージ(キューモニター)はパネル調査にめっぽう強い!

リサーチ会社というのは、多種多様なマーケティング業務を行っているのですが、私たちモニターに関係があるのは「パネル調査」や「ネットリサーチ」の分野です。

その中で、株式会社インテージは「パネル調査」に圧倒的な強みを持つ会社なんですね。

逆に、「ネットリサーチ」には強くない(力を入れていない?)印象があります。

パネル調査とは?

多くの消費者をパネルとして固定し、同じ項目のデータを継続的に収集する調査のこと。 選出された消費者に毎日購入している商品のブランド、数量、価格、店などを記録してもらうのが代表的な調査手法で、 「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「いくらで」「いくつ」買ったのかといったデータが蓄積されます。

ネットリサーチとは?

マーケティングリサーチ(市場調査)の代表的な調査手法の1つで、調査対象者(回答者)にインターネットを通して「アンケートサイト」にアクセスしてもらい、Web上で回答してもらう調査です。 短時間で多くのデータを収集、結果を確認できるという特徴があります。

 

この会社が持つ特性がアンケートサイトにも表れています。

キューモニターで言うところの「パネル調査」にあたるのが、「日記式アンケート」や「お買い物調査(ショッピングダイアリー)」と呼ばれるものです。

これらは、キューモニターが得意とする大きく稼げる案件ですね。

キューモニター日記式アンケート

キューモニターショッピングダイアリー

一方、ネットリサーチにあたるのが「通常アンケート」なんですが、この分野にはあまり強くありません。

アンケートの依頼数が少ないのはこのためです。

以上のことから、キューモニターは以下の認識が当てはまるアンケートサイトだと言えます。

 

  • ネットリサーチのみ ~ アンケートの依頼数が少ないのであまり稼げない
  • パネル調査にも参加 ~ アンケートモニターとして良質な稼ぎが得られる

 

冒頭で「稼げないとも言い切れない」とお伝えした理由がここにあります。

ただ、パネル調査(日記式アンケート・ショッピングダイアリーなど)の募集は不定期なので、参加するには辛抱強く募集を待つ必要があります。

 

モニター
なるほど、こんな理由があったんだ。アンケートが少ないのは私だけじゃなく、全体的な傾向なんだね。
そうなんだ。アンケート依頼数は決して多くはないけど、捨てがたい要素(パネル調査)を持っている。そんな特徴的なサイトかもしれないね。
先生

 

キューモニターのアンケートが少ないことに対する対策!

閃き

残念ですが、劇的にアンケートを増やす裏技的な方法は存在しません。

前述した通り、アンケートが少ないのは運営会社の「特性」なので、私たちモニターがどうこうできる問題ではありません。

そんな中で有効な対策があるとすれば以下の2点です。

  1. パネル調査への参加を狙う
  2. ネットリサーチが得意なサイトを追加登録する

この2点に関しては誰でもできます。

アンケートモニターでの稼ぎを増やすためにも検討していただけたらと思います。

 

パネル調査への参加を狙う

キューモニターでは、定期的に「日記式アンケート」や「お買い物調査」の募集が行われます。

これらの調査に参加できると、長期間継続して割のいい報酬をゲットできます。(中には自分から辞めない限りずっと継続可能な案件も存在します)

 

パネル調査の例

私は、「日々の食事(朝・昼・晩)をどこで取ったか、外食の場合はどんな形態の店舗を利用したか」を1ヶ月分まとめて送る”日記式アンケート”に参加したことがあります。

結構面倒なアンケートでしたが、これだけで通常アンケート何百件分のポイントをゲットできたので、時間対効果は抜群でした。

 

キューモニターには「パネル調査」に該当するこの種の美味しい案件がたくさんあるので、このサイトで稼ぎを増やすのであれば絶対に狙いたいですね。

ただ、前述した通り「いつ募集が行われるのか分からない」というのが難点です!!

そのため、募集を見逃さないためにも定期的にログインして目を光らせておく必要があります

アンケートが少ないのでログインが億劫かもしれませんが、その頑張りが未来に繋がります。

 

ネットリサーチが得意なサイトを追加登録する

アンケートが来ない(少ない)ことを嘆いているのであれば、最も単純で効果のある対策は、ネットリサーチに強みを持つサイトに登録することです。

この分野に圧倒的に強いのは「マクロミル」です。

ネットリサーチを武器に売上を伸ばしてきた会社なので、アンケートの数で「マクロミル」の右に出るサイトは存在しません。

体感的には、キューモニターも含め、他のサイトの3~5倍のアンケートが届くといった感じです。

もし、あなたの想いが...

  • もっとアンケートに答えて稼ぎたい
  • キューモニターでは物足りない
  • アンケートで一番稼げるサイトに登録したい

いづれかに該当するのであれば、是非とも「マクロミル」を試してみて下さい。

間違いなくアンケートサイトで「No.1」の収入を生み出してくれます。多い時には1日に10件以上ものアンケートが届きますからね。

もっとアンケートに答えて稼ぎたい!

マクロミル公式サイトへ

 

いやいや、「マクロミルなんて既に登録しているよ!」という人もいるかもしれません。

そんなあなたには、業界大手のクロスマーケティング(売上約150億)が運営する「リサーチパネル」か、GMOリサーチが運営する「infoQ」もおすすめです。

リサーチパネルはキューモニターよりも依頼数が多く、大手運営なので波も少ないです。

infoQに関しては、提携先の海外サイトのアンケートが多く届くので、状況次第で良質な稼ぎをゲットできます。

是非、ご検討下さい。

 

-収入(お金・稼ぎ方)

© 2021 アンケートモニター倶楽部