設定・トラブル

マクロミルに「偽名」や「嘘の住所」で登録する3つのデメリット!

デメリット

 

モニター
先生、マクロミルって「偽名」と「嘘の住所」でも登録できますよね?
う~ん、確かに登録は可能だけど、それは絶対にやめた方がいいよ。
先生
モニター
えっ、そうなんですか? 最近、物騒なニュースが多くて、個人情報の入力もなんだか怖いんですよね。
その気持ちはよく分かるけど、後で絶対に後悔することになるよ。この点について詳しく解説していくね。
先生

 

マクロミルには「本名」と「正しい住所」で登録しよう!

アンケートモニターをやるのが初めてだったり、いまいち「仕組み」が理解できていない状態だと、個人情報の提供に抵抗があるのは当然です。

ただ、アンケートモニターはネットを利用した新しい「市場調査」の形で、決して怪しいものではありません。

仕組み
参考アンケートモニターの「仕組み」を知れば、怖いものは何もない!

続きを見る

 

運営会社(株式会社マクロミル)に関しても、マーケティングリサーチ業界で、国内第2位の売上を誇る大手優良企業です。

そのため、マクロミルへのモニター登録は「本名」と「正規の住所」で行うのが正しい選択です。

冒頭でもお伝えした通り、嘘の情報でも登録はできます。ただ、後に大きな「デメリット」となって必ずあなたに返ってきます。

虚偽登録によって発生する3つのデメリット...

  1. ポイント交換に支障をきたす
  2. 大きく稼げる案件に参加できない
  3. 嘘が発覚した場合に大きな損失を被る

これらのデメリットは、あなたがアンケートモニターをする「目的」を破壊しかねないものです。

虚偽登録が誘発するデメリットを知り、正しい選択をしましょう。

 

ポイント交換に支障をきたす

アンケートに答えて獲得したポイントは、交換しなければ何も意味をなしません。

マクロミルでは以下の「交換先」が用意されていますが、虚偽登録を行った場合、この交換に大きな支障をきたします。

  • 商品交換
  • 銀行振込(現金化)
  • Amazonギフト
  • Tポイント
  • 交換サイト(PEX/G-point)

唯一、Amazonギフトだけは交換可能だと思われますが、その他の交換先は「整合性の問題」が発生するので交換不可です。

注意

Amazonギフトに関しては、メールに記載された「コード」を自身のアカウント内で読み込むものであるため、反映可能だと思われる。

ただし、この見解はあくまでも推測で、虚偽登録による検証を行ったわけではありません。

特に、ポイントの現金化を望む人が多い中で、マクロミルは「銀行口座への直接振込(手数料無料)」に対応している優良サイトです。

でも、偽名だと口座名義との「不整合」が発生するため振込できません。この点だけを見ても「大きな損失」と言えるのではないでしょうか。

あなたは確証を得ない「Amazonギフト」への交換だけを望んでいますか?

自身が望むものに交換できない...はっきり言ってこれは大きなデメリットです。

 

大きく稼げる案件に参加できない

マクロミルでモニターになると、通常のアンケート以外にも様々な調査に参加できます。

以下の調査は、通常のアンケートでは得られない「高額報酬」が期待できる美味しい調査です。

  • 会場調査
  • 座談会
  • 商品モニター
  • オンラインインタビュー

会場調査や座談会は「身分証提示による本人確認」が行われるので、「偽名」や「嘘の住所」で登録していると参加できません。

商品モニターは登録住所宛に届く「商品」を受け取る必要があります。オンラインインタビューも嘘で作った自分で臨む必要があり、ボロができないとも限りません。

結局、虚偽登録を行うとこれらの調査を捨てざるを得ないんです!

あなたは大きく稼げる美味しい調査を自ら捨てるんですか?

 

虚偽が発覚した場合に大きな損失を被る

虚偽登録は、マクロミルの規約でも禁止されています。

登録手続きにおいて当社に申告した情報の全部または一部に虚偽、誤記または記載漏れがあると当社が判断した場合

~ 中略 ~

モニタ登録後であっても、「モニタ登録の取消し」または「モニタ資格の抹消」を行うことができるものとします。

モニタ登録の取消しまたは資格の抹消により、モニタが、損害、損失等を被った場合でも、当社は、かかる損害、損失等を賠償する責任を一切負わないものとします。

マクロミル-モニタ規約

虚偽登録なんて、いついかなることが原因で発覚するか予想できません。

そして、万一発覚した場合は「モニタ資格の抹消」や「ポイント没収」の憂き目にあい、これまでの頑張りが水の泡と消えます。

こんなリスクを自ら背負うことに何の意味があるのでしょうか?

 

モニター
うん、うん、確かにこの「デメリット」は絶対に避けた方がいいよね。
その通り! アンケートモニターって、ここまでの「リスク」を抱えてまでやるものじゃないからね。
先生

 

あなたはこんな「不安」を抱えていませんか?

不安解消

マクロミルへの登録時に「偽名」や「嘘の住所」が頭に浮かぶということは、何らかの「不安」を抱えているからだと思います。

そこで、ここでは、モニター登録の際によくある疑問にお答えします。

 

登録住所宛に何らかの郵送物が届くことはないの?

マクロミルに登録している住所宛に、何らかの郵送物が届くことはありません。

もちろん、商品モニターなど特殊な調査に参加した場合は別ですが、通常アンケートに回答している限りはこの通りです。

 

登録した電話番号に電話が掛かってくることはないの?

電話に関しても同じで、基本的にかかってくることはありません。

電話があるとすれば、会場調査などに応募して「当選」した場合です。

ポイント

会場調査や座談会は、欠員を出すわけにはいきません。(マクロミルからすると、お客様である調査を依頼してきた「企業」との関係があるため)

そのため、参加意思の最終確認として「電話」が掛かってくることがあります。

調査の詳細は各アンケートに詳しく記載されているので、「電話の有無」は事前に把握できます。

 

個人情報の流出は大丈夫?

マクロミルが悪意の第三者からサイバー攻撃を受け、セキュリティが破られれば個人情報は流出します。

そのため、流出の可能性はゼロではありません!!

ただ、これは「マクロミル」や「アンケートモニター」に限った話ではなく、ネット環境を利用する上で発生する必然のリスクです。

セキュリティ
参考アンケートモニターに「個人情報」が必要な理由!流出とかは大丈夫?

続きを見る

また、マクロミルは「暗号化通信」や「プライバシーマークの取得」など、セキュリティ面の対策はしっかりと行っています。

現に私はマクロミルに登録して5年以上経過しますが、流出事案などは一度も発生していません。

 

まとめ

今の時代、個人情報の提供に慎重になるのは当然です。

ただ、アンケートモニターが「市場調査」という側面を持っている以上、ある程度の「個人情報」の提供は必要不可欠です。

ここは、必要以上に警戒せず、以下の認識を持ってマクロミルに登録して欲しいと思います。

  • モニター登録は全て正しい情報で行う
  • 虚偽の登録は様々なデメリットを誘発するので絶対に避ける
  • マクロミルは業界大手の信用に値する会社である(東証一部上場)
  • マクロミルのセキュリティ対策に抜かりはない

正しい情報での登録が、あなたのモニターライフを幸せにします。

正しい情報で登録する!

マクロミル」公式サイトへ

 

-設定・トラブル

© 2021 アンケートモニター倶楽部