収入(お金・稼ぎ方)

マクロミルの「楽天ポイント」への交換可否と超重要な注意点!

マクロミル楽天ポイント交換
モニター
先生、マクロミルは「楽天ポイント」に交換可能ですか?
公式サイトの「交換先」には記載がないよね。
先生
モニター
はい、だから交換できないのかなと...。
OK、マクロミルの「楽天ポイント」への交換と注意点について解説するよ!
先生

 

マクロミルの「楽天ポイント」への交換可否!

どっち

表題の件について、先に結論をお伝えします。

  • マクロミルのポイントは「楽天ポイント」に交換可能
  • 但し、ポイント交換サービス(PeX)の利用が必須
  • 交換手数料が差し引かれる点に要注意

公式サイトの交換先には記載がありませんが、交換は可能です。

つまり、マクロミルは「楽天ポイント」の獲得目的にも利用できるということ!

楽天関連サービスをよく利用する人にとっては朗報ではないでしょうか。

 

PeXの利用が必須!

マクロミルから直に交換できればベストですが、直接交換には対応していません。そのため、PeXの利用が必須条件となります。

Pex交換

PeX経由の交換イメージ

もう一方のポイント交換サービス「G-Point」に関しては、楽天Edyギフトへの交換は可能ですが、楽天ポイントには交換不可です。

そのため、PeXの利用がマクロミルのポイントを「楽天ポイント」に交換する唯一の方法となります。

 

手数料がバカ高い!

PeX経由で「楽天ポイント」に交換する際、一つ大きな懸念事項があります。

あり得ないレベルの手数料を搾取される!!

これは、PeXの手数料が高いのではなく、楽天側の問題です。(PeX以外の交換サービスも同様に破格の手数料が必要)

PeXから楽天ポイント

PeX内では「10P = 1円」のレートが採用されているので、要するに交換手数料400円だということですね。

頑張ってマクロミルで「1,400円分」のポイントを獲得しても、楽天ポイントに交換すると「1,000円分」にしかならない...。

交換サービスを利用すると、交換先によって手数料が発生するのは一般的ですが、この額はあり得ません。

アンケートサイトの交換先として「楽天ポイント」は最大の損失を被る交換先である!

この事実はしっかりと認識しておく必要があります。

アイコン1

ここは、自身の許容できる範囲までポイントを貯めてから交換するなど、一工夫必要かもしれません。

例えば、10,000円分のポイントを貯めて一度に交換すれば、9,600円分のポイントが獲得でき、手数料の割合を減らすことが可能です。

とにかく、小さなポイントを頻繁に交換するのだけは避けたいですね。

 

最強の代替案!

楽天ポイントへの交換は、交換先として「最大の損失」を被るのは変えようがありません。

ここは、代替案を検討するのもアリです!

  • 銀行振込を利用して現金化する
  • 等価交換が可能な交換先を選択する

マクロミルは「銀行振込(手数料無料)」による現金化が容易に行えるサイトです。

この利点を活かしてポイントを現金化し、「その金額分の楽天ポイントを取得した」と考えて楽天関連サービスを利用すればいい訳です。

この方法を採用すれば、損失は一切発生しません!

マクロミルでアンケートに答えて獲得したポイント、手数料でその頑張りを無き者にするのは如何なものでしょうか。

  • 現金1,000円
  • 楽天ポイント1,000pt

価値は同じですが、現金の方が使い勝手の面では優れています。

 

まとめ

まとめ

マクロミルの「楽天ポイント」への交換についてまとめると以下の通りです。

  • マクロミルで獲得したポイントは、楽天ポイントへの交換が可能
  • ただし、PeX経由での交換が必要で、最大レベルの損失が発生する
  • 現金化や等価交換を利用して「損失ゼロ」を目指すのも一つ

いずれにせよ、マクロミルは「楽天ポイント」の獲得を目的に利用できるアンケートサイトです。

楽天ポイントに交換するかは、その必要が生じるまでに結論を出せばOK!

実際にアンケートに回答して1ptの価値を知らないと、「損失を許容できるかどうか?」の答えは見えてこないですからね。

まずは、その価値を知るために「マクロミル」で頑張ることが、楽天ポイント獲得の第一歩ではないでしょうか。