収入(お金・稼ぎ方)

リサーチパネルはどのくらい稼げる?月収500円が相場って本当?

リサーチパネルの利用を検討している人にとって、収入面は否が応でも気になりますよね。

私はWEBサイトを運営している関係で「検索ボリューム」をよく調べますが、以下のキーワードで検索する人が継続して一定数いることからも分かります。

  • リサーチパネル どのくらい稼げる
  • リサーチパネル 月収
  • リサーチパネル 月いくら
  • リサーチパネル 月収2万
  • リサーチパネル 収入

あなたがこのページに辿り着いたのも、この種のキーワードで検索を行った結果ではないでしょうか。

ここでは、そんなリサーチパネルの「収入面の現実」を包み隠さずお伝えします。

恐らく、暗い現実を知ることになるかと思いますが、正しい認識を持った上で利用可否を判断して欲しいと思います。

 

リサーチパネルは具体的にどのくらい稼げるの?

お金とビックリマーク

百聞は一見に如かず、私の2019年の収入実績(アンケート回答のみ)をご覧いただきたいと思います。

データが古くて申し訳ございませんが、今現在もアンケート依頼数に大きな上振れ・下振れはないので、この程度に落ち着くかと思います。

収入実績
1月428円
2月567円
3月735円
4月701円
5月523円
6月404円
7月526円
8月403円
9月518円
10月569円
11月651円
12月498円
合計6,523円
平均543円/月

アンケートモニターは個人の属性で「依頼数」や「ターゲット該当・非該当」が変化するので、全ての人がこの通りになるとは限りません。

ただ、リサーチパネルのポテンシャルを考えると、平均的にはこの程度に落ち着くのではと考えています。

そのため、表題の件についての結論は以下の通りに...。

リサーチパネルの収入期待値は、月収500円前後!

  • えっ、たったのこれだけ!?
  • 全然稼げねぇじゃねーか!!
  • 月収がバイト1時間にも満たない...

こんな声が聞こえてきそうですが、これが「アンケートに回答する」という至極簡単な行為で稼ぐ、アンケートモニターの現実です。

この金額に満足する人はいないでしょうから、「暗い現実を知る」の意味がここにあります。

 

何故、この程度しか稼げないのか?

アンケートサイトというのは、マーケティングリサーチ業を営む会社が、ネット上で「市場調査」を行うために運営しています。

業界内において、以下の名称で呼ばれるサービスを提供するためですね。

  • ネットリサーチ
  • インターネットリサーチ

このサービスは「安さ」と「スピード」をウリにしており、本当に規模の小さな調査だと、1件あたり10万円以下で請け負っています。

要するに、この小さな売上から「利益」を得る必要があるので、私たちモニターに渡る金額は微々たるものになってしまうのです。

アイコン4

まぁ、現実的に考えれば、アンケートに答えるだけで「満足いく金額」を稼げる訳がありません。

ある程度は予想していた人も多いのではないでしょうか?

なんたって、ベットに寝ころんでTVを見ながら、スマホ片手に稼げるような方法ですからね。

  • たったのこれっぽっちしか稼げない...
  • こんな簡単な方法でお金が生み出せる!

どう捉えるかは人それぞれですが、大きな収入を生み出せるものでないのは確かです。

 

アンケート以外の調査に参加すれば大きく稼げる?

リサーチパネルでは、アンケート以外の案件募集も行われます。

確かに、この種の調査に参加すれば、収入を大きく底上げでき、満足いく金額を稼ぐことも可能です。

リサーチパネルアンケート種類

リサーチパネル - アンケートの種類

特に、座談会(グループインタビュー)などの会場系調査に参加できれば、時給換算で4,000円前後の美味しい報酬が手にできます。

リサーチパネルの収入面を充実させるために是が非でも狙って欲しい、そんな調査です。

ただ、この種の調査に関しても、現実は甘くありません。

  1. 依頼数が少ない
  2. 調査のターゲットに該当する必要がある
  3. 抽選を突破する必要がある(人気で応募過多となるため)

この3重の壁を乗り越えて初めて参加が叶うので、「恒常的な収入」としては計算できないのです。

参加できれば超ラッキー!

これが、この種の調査の現実です。

ネット上には、この種の調査への参加を前提とする収入情報(簡単に参加できるかのような情報)も散見されます。

ex.リサーチパネルは平均月収で2万は可能など

まず間違いなく実現不可能な「虚偽情報」なので、惑わされないよう注意して下さい。

 

リサーチパネルの「月収」は、そこまで悪いモノじゃない!?

閃いた

あくまでも、アンケートモニターに限定した話になりますが、一つお伝えしておきたいことがあります。

複数サイトの掛け持ちが常套手段のアンケートモニターにおいて、リサーチパネルの平均月収500円は捨て難い!

何故、こんなことを言うのかというと、

昨今、アンケートに回答してポイントを稼ぐサービスが巷に溢れていますが、その大多数が「平均月収500円」を達成することができないからです。

  • 一般的なアンケートサイト(15サイト程度は存在する)
  • 各種ポイントサービスのアンケート(dポイント・Tポイント・ponta・楽天・永久不滅など)

本当に種類が豊富で、アンケートの「ポイ活」として人気ですが、如何せん一つのサイトだけでは稼げません。

そのため、複数サイトの掛け持ちを前提に考えると、リサーチパネルの収入は捨て難く、悪くもないのです。

 

リサーチパネルの平均月収を上回るサイト

私の実績ベースでのお話しになりますが、「リサーチパネルの平均月収をほぼ確実に上回る」と自信を持ってお伝えできるのは、以下4つのサイトに限定されます。

サイト名理由
マクロミル業界の超大手(ネットリサーチ国内No.1の実績を持つ会社)が運営し、圧倒的なアンケート依頼数を誇るため。
オピニオンワールド外資系アンケートサイトの特徴(高単価)をモロに体現したサイトで、時に最大の月収を生み出すレベルだから。
アンとケイトネットリサーチに強みを持つ会社が運営し、昨今は依頼数が増加傾向にあるため。
キューモニター業界の超大手(業界売上高No.1)が運営し、継続型調査に強みを持つため。(継続型調査に参加しないとリサーチパネルと同等、または以下)

リサーチパネルの月収が安定しているのは、業界大手「株式会社クロスマーケティング」が手掛けるアンケートが配信されるからです。

上記の4社もそうですが、自社の手掛けるアンケートだけで一定数の「数」を継続配信できるサイトは、ある程度の収入が見込めて強いです。

リサーチパネルも正にそれで、クロスマーケティングは業界売上高TOP10の常連企業、月収500円を生み出せるサイトとして悪くはありません。

 

最後に...

まとめ

リサーチパネルの「収入面」に期待を抱いていた人にとって、月収500円はゴミのような金額かと思います。

  • 普通にバイトすれば1時間で実現可能
  • 高収入を生み出せる稼ぎ方を求めている
  • もっと稼げる「副業」を探している
  • アルバイトの代替手段となるような在宅ワークを探している

この種ものを求めている人にとっては特にそうで、「価値なし」と判断してアンケートモニターに手を出さないのも間違っていません。

アイコン1

逆に、収入面に期待が持てなくても、まだ興味が残っているのなら、是非トライして欲しいと思います。

  • 今日から
  • 誰でも
  • 簡単に
  • ノンリスクで
  • お金が稼げる

こんな方法、他に存在しません。

小さな収入源ですが、簡単に手に入るんだから、持っておけばいい!

私はそう思います。

生活を少しお得に...といった気軽な気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

月収500円にトライ!

リサーチパネル」公式サイトへ