安全性・危険性

マクロミルは安全ではありません!の検索予測に惑わされるな!!

検索窓
モニター
先生、マクロミルは安全ではないんですか?
なぜ、そう思うの?
先生
モニター
安全性を調べようと検索すると、「マクロミルは安全ではありません」が出てくるので。
確かに検索予測に出てくるよね。でも、それには理由があって、実際の安全性とは全く関係がないよ!
先生

 

検索予測「マクロミルは安全ではありません」は本質を示していない!

新しいことを始める時に「安全性」を調べるのは、詐欺まがいの行為が横行している今の時代であれば当然です。

これはアンケートモニターでも同じで、登録先となるアンケートサイトを調べないわけにはいきません。

そんな折、マクロミルの「安全」を調べようとすると出てきます、非常に気になるワードが・・・。

マクロミルは安全ではありません!

マクロミル安全ではありません

検索予測に出てくるということは、検索数が多いということ。

流石にこれは無視できないし、気になりますよね。「マクロミルは危険なのでは?」との考えがよぎるのも当然です。

でも、これに関しては全く気にする必要はありません。

何故なら、検索予測の文言は「本質」を表したものではないからです!

検索予測に「マクロミルは安全ではありません」と出てくるのには、明確な理由があります。

詳しく見ていきましょう。

 

検索予測に登場するカラクリ
理解

マクロミルの「安全」を調べるとなると、大抵の人が以下のキーワードを検索窓に打ち込みます。

  • マクロミル 安全
  • マクロミル 安全性

すると、上画像の通り、検索予測に「マクロミルは安全ではありません」が出てきます。

安全性を知りたい人からすると、無視できるワードではありません。

すると、どうするか?

検索予測に出てきたワードを使って検索をかけるんですね。(現に、あなたもそうしてこのページに辿り着いたのではないでしょうか?)

その結果、同キーワードでの検索数が増えます。

私はWEBサイトを運営している関係で検索数をよく調べますが、このキーワードでの検索は本当に多いです。

マクロミル検索ボリューム

マクロミルの安全関連検索で「最も使用されるキーワード」となっているのが分かります。

その結果、以下のような「循環」が出来上がってしまうんですね。

  1. 同キーワードで検索する人が多い
  2. 検索エンジンは「皆が求めている」と判断して予測の上位に出し続ける
  3. 次に安全性を調べる人が、その予測を使って検索する
  4. 継続して検索数が多くなる

これが、マクロミルの安全性を調べる際に、「安全ではありません」が継続して出続けるカラクリです。

 

検索予測に登場することになった理由

スマホのブラウザ「Safari」や「Chrome」のセキュリティ強化が原因です。

あなたは、スマホでWEBページを閲覧した際に、「この接続は安全ではありません」との文言を見た記憶はあるでしょうか。

SafariではURLの箇所に「安全ではありません」と表示される!

今ではあまり見ることがなくなりましたが、数年前まではよく見られました。

これは、「https」対応していないサイトを閲覧した際、ブラウザからの注意喚起として表示されていたものです。

httpsとは

通信手段のルールで、httpsは暗号化された通信を表しています。

データの送受信が暗号化されることで、悪意の第三者によるデータ通信中の盗み取りや書き換えに対応。

この「https」対応とマクロミルがどう関係していたかというと、アンケートサイトとは別のURLである「Q&Aページ」が未対応だったんですね。

厳密に言うと、Q&Aページはデータの送受信を行わないので、対応する必要はないのですが・・・。

当時のURLの状況は、

  • アンケートサイト本体 https://monitor.macromill.com/
  • Q&Aページ http://faq.macromill.com/

これが原因で、当時、https未対応の「Q&Aページ」を見た人が、ブラウザからの注意喚起の意味をはき違え、検索を行ったんです。

マクロミル 安全ではありません」と。

その結果、上記の「循環」が生まれ、今でもその名残が残っているというわけです。

登録の検討段階の人は、Q&Aを閲覧したり、安全面にも注視しているので仕方がありません。

特に、iphone利用者はURLの表示箇所に「安全ではありません」とそのままの文言で表示されるので、そりゃ心配にもなります。

今現在は、マクロミルの「Q&Aページ」に限らず、ほぼ全てのWEBサイトが「https」対応しているので、この種の注意喚起が見られるのは稀ですが。

 

最後にお伝えしたいこと!

結論

ここまで、検索予測「マクロミルは安全ではありません」についてお伝えしてきました。

検索予測に登場する「カラクリ」と「原因」から、冒頭でお伝えした「本質を示したものではない」という意味を少しは理解いただけたかと思います。

その内容を踏まえ、ここで強くお伝えしたいのは以下の2点。

  • 検索予測は、検索数の多いワードを表示しているに過ぎず、その本質を示すものではない
  • 検索予測に惑わされれ、判断を誤ってはいけない

マクロミルは一部上場企業に運営される、安全、かつ収入期待値の高いアンケートサイトです。

検索予測の「否定的なキーワード」だけで判断して捨てるのは非常に勿体ない!

だからこそ、検索予測に惑わされることなく、自分自身で調査して判断して欲しいのです。

検索予測は決して「本質」を示してはいないからです!

実際、私はマクロミルでモニターとなって6年以上経過しますが、安全面に疑問を抱いたことは一度もありません。

マクロミル安全
参考マクロミルの「安全性」を現役モニターが3ステップで徹底解説!

続きを見る

マクロミルの本当の「安全性」を理解する参考にしていただければと思います。

 

モニター
なるほど、検索予測に否定的なワードが出ても心配しなくていいんだね。
その通り、検索予測はあくまでも検索の利便性を高めるための機能に過ぎないからね。
先生
モニター
なんだか安心しました。