知恵袋(Q&A)

アンケートモニターは確定申告が必要?税金(住民税)が増えるって本当?

クエスチョ

アンケートモニターは高収入を得られるものではないですが、新たな「収入源」であることは確かです。

それゆえ、アンケートモニターをすることで一つの心配事が生まれます。そう、確定申告や税金(住民税)についてです。

アンケートモニターを副業に!なんて考えてる人にとっては悩みの種ですよね。

 

モニター
アンケートモニターに興味があるんだけど、「確定申告」や「税金」のことを考えると気が重たいなぁ...。
確かにそうだよね。確定申告って複雑で難しいイメージがあるし、本業への影響や年末調整との兼ね合いも心配だよね。
先生
モニター
先生、アンケートモニターをやると、やっぱり「確定申告」をしなくちゃいけないの?その影響で税金も増えてしまう?
う~ん、確かに「確定申告」の対象となる収入なんだけど、実は、その点はあまり気にする必要はないんだ!
先生
モニター
えっ!?そうなの?
うん。その点を詳しく解説していくよ!
先生

 

アンケートモニターの収入は「確定申告」が必要なのか?

前述した通り、アンケートモニターで得た収入は「確定申告」の対象です。これは、その収入が税法上の「雑所得」に分類されるからです。

ただし、全ての人が「確定申告」の対象となるわけではありません。

確定申告の対象者

  • 有職者(給与所得者):年間20万円以上の所得
  • 無職者:年間38万円以上の所得

本来「所得 = 収入 ー 経費」ですが、アンケートの回答に使用するスマホ(PC)の料金を経費にするというのは流石に度を超えています。

そのため、アンケートモニターにおいては、「収入 = 所得」と考えておくのがベターです。

例えば、本業を持っている人が何らかの「副収入」を得て、その金額が「年間20万円」を超えた場合、確定申告をして「所得税」を納める必要があります。

メモ

副収入とは「本業の勤務先で年末調整にて申請する所得以外の収入」を指す。

これが確定申告の大まかなルールなんですが、所得額によってその必要が生じる!というのがミソなんですね。

そして、これこそが冒頭で「確定申告はあまり気にする必要はない!」と話している理由でもあります。これが意味する2つの要素を見ていきましょう。

 

アンケートモニターの収入だけで年間20万円を稼ぐのは極めて困難!

正直な話、アンケートモニターで年間20万円以上を稼ぐことは実質不可能です。

アンケートに答えるだけ・・・

こんな簡単なことで年間20万円稼げるほど”世の中”は甘くありません。

ネット上には「月平均で2~3万円は稼げます!」といった情報も散見されますが、まず間違いなく「ガセ」です。(一度やってもらえれば本当によく分かります)

確かにアンケートサイトでは「会場調査」や「インタビュー」などの参加型案件の募集も行われるので、この種の調査に参加できれば”月収1~2万円”は可能です。

しかし、人気の調査なので常に抽選を突破する必要があり、恒常的に参加するのは不可能です。

お金袋

年間20万円が100%絶対に不可能か?

こんな風に問われれば、断言はできません。でも、気が狂うレベルの頑張りと強運が必要なのは確かです。

年間20万円を目指すのに必要な取り組み

  • 15以上のアンケートサイトに登録する
  • 毎日、全サイトの全アンケートに回答する(2時間以上は必要)
  • 高報酬のアンケートに高確率でターゲットとなる
  • 全ての参加型案件に応募する
  • 常に強運を味方に付け、低確率の抽選を数多く突破する

これを実行するだけの「気力」と「時間」と「強運」を持っていますか?

ぶっちゃけ常人には絶対に無理です!

それゆえ、年間20万円以上を稼ぐのは実質不可能...つまり、確定申告の必要性は生じないということなんです。

 

奇跡的に超えそうになっても、稼ぐのをやめればいい!

アンケートモニターは自分の裁量で自由に取り組めます。

仮に確定申告が必要な金額に到達しそうな場合は、一時的に稼ぐことを停止すれば回避できます。もっと言えば、換金せずにポイントとして保持しておけばいいんです。

  • ポイントが確定申告の対象になる
  • ポイントを獲得した時点で収入になる

こんな話は聞いたこともありません。安心して下さい、「どこぞの誰々がアンケートに回答して〇〇ポイントを獲得した」なんて誰も把握していませんから。

仮に把握されていたとしても、何に交換するか定まっていない段階で「確定申告の対象となる収入」とは見なされません。

注意

確定申告は、一年間(1月~12月まで)の所得を翌年の2月中旬~3月中旬に申告するもの。年度(4月~翌年3月)単位ではないので注意。

 

モニター
ふ~ん、そうなんだ。この2つの要素があるから「確定申告」に関しては深刻に考える必要はないんだね!
そうなんだ。ただ、アンケートモニター以外の「副収入」を得ている人もいるだろうから、金額だけは頭に入れておこう。
先生

 

もし、確定申告しないとどうなるの?

確定申告が必要であるにも関わらず、申告しないとどうなるのか?

これはもちろん「脱税行為」にあたるので、バレた場合は法的措置が取られます。逆に、バレなければ何も起こりません。

実質、「確定申告をしない=収入が把握されない」ということなので、何らかの経緯で収入が調査されない限り、発覚しないのが実情です。

但し、犯罪なので絶対にやってはいけません。

 

アンケートモニターで収入を得ると税金(住民税)が増える?

税金

この点も気になるポイントかと思いますが、「税金(住民税)の増額に関しても気にする必要はない」というのが答えです。

何故なら、確定申告をしないから!

確定申告から増税までの流れ

  1. 確定申告する(この時点で所得税が発生)
  2. 市区町村に所得が通知される(本業+確定申告分)
  3. 合計所得で税金額(住民税・保険料)が決定する
  4. 本業の会社に「住民税」の給与天引き依頼が届く
  5. 確定申告分がプラスされるので、住民税(保険料)が少し増える

要するに、確定申告の必要が生じなければ、一切の増税も発生しないということです。

確定申告に関しては前述の通りなので、税金(住民税)の増額に関しても心配無用です。

 

会社の年末調整時に申告する必要はあるの?

詳細は割愛しますが、年末調整とはその年の「所得税」を調整するものであって、収入を報告するものではありません。

そのため、会社の年末調整において、アンケートモニターの収入を申告する必要はありません

収入に関してを報告するのはあくまでも「確定申告」であって、前述した「規定の年間所得額」を超えた場合に限ってです。

これに関しては、正社員だけに限らず、アルバイト・パートの方も同様です。

 

モニター
全ては「確定申告」と結びついているんだね。何だか気が晴れたよ~。
これでスッキリした気持ちでアンケートモニターを始められるね!
先生

 

まとめ

まとめ

アンケートモニターにおける「確定申告」と「税金」についてお伝えしてきましたが、まとめると以下の通りです。

 

  • 確定申告が必要な「所得額」を得ることは実質不可能
  • 自身の裁量で稼ぎをコントロールできるので、確定申告の回避が可能
  • 基本「確定申告」は行わないので、増税についても考える必要はない
  • 本業の年末調整でアンケートモニターの収入を報告する必要はない

 

アンケートモニターに限定すれば、この認識でまず間違いありません。

実際、登録者の約7割が本業を持ちつつ、副収入を得る目的でアンケートモニターを実施しています。

マクロミル モニタ属性(職業)

これだけの給与所得者がモニターとなっている事実は、「確定申告」や「増税」とは無縁であることの証です。

空き時間にアンケートに回答し、企業の市場調査に協力する。そして、その見返りとして軽く報酬をゲットする。

これがアンケートモニターです。

確定申告や増税など、そんな重いモノを背負ってまでやるものではありません。

本当に気軽な気持ちで始められる、それがアンケートモニターです!

 

有益なアンケートサイトをご紹介!

マクロミル

圧倒的なアンケート依頼数を武器に、No.1の収入を生み出してくれるアンケートサイトの最高峰!

一部上場企業による安心・安全運営を味方に、「これぞアンケートモニター!」を真に体験させてくれるはずです。

オピニオンワールド

外資系アンケートサイトのポテンシャルを最大限まで引き出した、一発の破壊力(高単価)が魅力!

コツコツよりも、ガツンと一気に稼ぎたい人にはうってつけのサイトです。

キューモニター

あらゆる要素で平均点以上を叩き出す、安定感抜群のアンケートサイト!

リサーチ業界のTOP企業による安心・安全運営、大きく稼ぐチャンスを秘めた収入面と穴がありません。

-知恵袋(Q&A)

© 2021 アンケートモニター倶楽部